モンハンの操作性が・・・

モンハンといえば

ゲーム好きならやっぱり誰でもとおる道かもしれないモンハン。
モンハンっていうのは言わずと知れたモンスターハンターですよね。
以前のPSPのときのモンハンの時には、通称「モンハン持ち」というかなりマニアックな操作方法が横行していました。

もちろん僕もモンハン持ちで頑張っていましたよ。
このモンハン持ちっていうのは、たくさんのボタンを同時に操作しないといけないために発案された持ち方。

左の親指ではアナログパットを動かしますが、さらにその左手の人差し指では十字キーを動かすというかなり難易度が高い持ち方になっているのです。
でも、これってPSPだったからこそできる持ち方でもあるんですよ。

これは全国のモンハンファンにはかなり深刻な悩みになったとおもうんですよ。
操作性が悪いとはいえ、このモンハン持ちでなんとかうまいことやってきたわけですから。
でも、ニンテンドー3DSの場合は、十字キーとアナログパッドの位置がなんと上下が逆になっているんです。

たったこれだけの違い?と思われるかもしれませんが、これが大問題になってきます。
今までのようにはモンハン持ちができなくなってしまったのです。

無理やりなんとかしてみたけど

それでも以前のようなモンハン持ちを実現させるためにいろいろと自分で試行錯誤してみることにしました。

まずは、十字キーがタッチパネルに出てくるのでその位置をなるべく左上に表示できるように移動させてみる。
限りなく以前のモンハン持ちに近いのではないだろうか。

他人から見たらちょっとマニアックだなと思われるような持ち方だが、操作性は意外にもそんなに悪くはない。
難点としては、人差し指をかなり伸ばして操作しているためにすっごく疲れることぐらいか。

さらに他の持ち方もいろいろ試して見る。
十字キーとアナログパッドの位置関係が逆になっていても、とにかくモンハン持ちにして操作してみる。
でも今までの操作感覚とは全く程遠いので、なんだかすっごく疲れますね。
慣れてきたらこれでも上手く操作できるのかもしれないけれど。

他にも、人差し指ではなくてもうあえて小指で十字キーを操作してみたりもしてみました。
でも小指ってなんだかもともと力が入れづらいので本当に難しい。
簡単な操作もミスってしまったりしてゲームを進めるのにとってもストレスです。

それでも、楽器をやっている人で小指の使い方が他の人よりもしっかりしているのであれば意外といけるかもしれませんね。
まだまだ試行錯誤は出来そうなのですが、そこまでして快適な持ち方を考えるよりは拡張スライドパットを普通に使ったほうがいいのではないか、という当たり前の結論に辿り着きました。

ゲームのためにこんなに時間を使ってこだわってしまった僕、、たまにはいいですよね。