1. >
  2. >
  3. 「薬剤師いらなくね?」なんて言われることも
サプリ

「薬剤師いらなくね?」なんて言われることも

薬剤師の必要性

薬剤師のお仕事っていうのは、調剤薬局でみんなにお薬の説明とか摂取方法をおしえてあげてお薬を出すってのが一番ですよね。
もちろん、薬剤師になってから調剤薬局で働く人は多いです。

他にも、最近はドラッグストアなどで販売員として働く薬剤師さんも多いんです。
ドラッグストアで薬剤師として働くというよりは、薬を売るのに薬剤師さんが必要っていうことです。

薬に関連した知識をしっかり持っている人がいないと薬売るのも不安ですからね。
気軽に薬が購入できるのはいいことですが、そこは別に薬剤師さんじゃなくてもいいのかななんて思ったりもします。

ドラッグストアで薬買うときってそんなに説明とか欲しい人もいないですからね。
それでも、自分の症状にあったお薬を市販薬の中から選んでくれるので、心強いですけど。
調剤薬局よりもどっちかといえばみんなのそばで活躍してくれる薬剤師さんではないでしょうか。

僕もドラッグストアで働いたことがありますが、薬剤師としてのスキルよりも
どっちかっていうと販売員としてのスキルが必要だなと感じました。
でもこういう経験って本当にいいことですよ。
街の人がどういう薬を買っていくのかとかいろんなこともわかりますし。

頭痛薬や胃薬なんかは本当によく売れていましたね。
あとはロキソニンなんかの痛み止めも売れます。
季節的に風邪薬や鼻炎薬、うがい薬なんかもうれますし。

薬剤師は必要なくなる?

こういったドラッグストアでの体験もそうですし、最近気になっているのは薬のネット販売ですね。
今は個人輸入って形で海外から薬を購入している人も多くなってきています。

いろんなサイトを見てみると、本当にいろんな薬が売ってます。
日本では処方箋がないと出してもらえない薬だってネットで購入できる時代です。
そうすると、日本で一度診察受けて一度お薬をだしてもらったら、薬だけ欲しかった場合はネットで購入することもできるのです。

そうなると僕たち薬剤師の存在は必要ないですよね。
便利な反面、僕たちにとってはちょっと脅威なのかも。
自分の責任で自分で薬を選んで購入して、健康に役立てるといった時代もこれから確実にくると思います。

調剤薬局での薬剤師の需要は減っていくかもしれませんが、これからそういったことも含めてドラッグストアで扱える市販の薬もどんどん増えてくるでしょう。
そうなってくると、ドラッグストア関連での薬剤師の必要性は高くなってくるかもしれません。

ある分野では薬剤師の必要性は低くなって、他の分野では高くなる、、
なかなか興味深いですよね。
医療費や薬にかかってくるお金を考えると、これからどんどん自分で自分の健康をまもらないといけません。
薬剤師もそういうことを念頭に活動したいですね。

あわせて読みたい